ヌリカエ

外壁塗装 臭い いつまで、塗料の匂い対策

外壁塗装の臭いは、3日間だけ我慢してください。

外壁塗装の臭いは、仕上げ塗装完了後、ほぼ1日で気にならないレベルになります。

外壁塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの3工程があります。

下塗りでは、シーラーやサーフェイサー、プライマーといった下塗り材(塗料)を使うのですが、臭いがでる化学物質は含まれていません。

ですから、下塗りが行われる1日目は、臭いの心配はありません。

2日目の中塗りと3日目の上塗りも、臭いが少ない塗料を使用すれば、ほぼ1日で臭いが気にならないレベルまで低下します。

ですから、臭いが気になるのは、2日目から4日目までの、合計3日間ということになります。

外壁塗装の臭いが少ない塗料は何?

科学技術の進歩により、臭いの少ない塗料が開発されています。

ですから、事前にその旨を伝えておけば、塗装業者が臭いの少ない塗料を選んでくれるはずです。

参考までに、臭いの少ない塗料は、水性塗料でなおかつホルムアルデヒド発散等級がF☆☆☆☆(フォースター)のものです。

水性塗料は臭いが少ない。

水性塗料は水を溶剤としているが、こちらにもシンナーなどの成分がほんの少し入っているらしい。

これは、水では塗料が溶けにくいので、少量シンナーを混ぜて塗料を早く溶かすためだと思う。

強溶剤塗料は、錆が酷い鉄部への錆止め塗料や防水工事の時に使用する。

一般的な戸建て住宅の外壁塗装や屋根塗装では、強溶剤塗料を使用する必要はない。

一般的に臭いが強いほど密着力に優れている。

どの塗料を選ぶにしても、耐候性や低汚染性や長寿命といった機能などを総合的に考えて選ぶ必要がある。

でも、素人が適切な塗料を選ぶことはできないので、塗装業者にまかせるしかない。

外壁塗装で後悔しないためには、信用できる業者に外壁塗装を頼む必要がある。

水性、弱溶剤、溶剤の分類

分類 何で薄める? 耐久性
水性 水道水(希釈水) 若干低い
(弱溶剤に追いつきつつある)
弱溶剤 塗料用シンナー 高い
強溶剤 アクリルシンナー
ラッカーシンナー
ウレタンシンナー
エポキシシンナー
非常に高い

1液型と2液型の違い

1液型 塗料缶は1つで、そこに水やシンナーを入れて薄めて壁に塗る。
2液型 塗料缶は2つあり、主材(塗料)と硬化剤に分かれている。
塗装をする直前に主材と硬化剤を混ぜ合わせて初めて塗料となる。
そこにさらに水やシンナーを入れて薄めることで壁に塗る。
1液型 2液型
メリット
  • 価格が比較的安い
  • 混合、攪拌の手間がない
  • 余っても次の日に使える
  • 耐久性(耐候性)が高い
  • 保管しやすい(混ぜる前)
  • 様々な場所に塗る事が出来る
デメリット
  • 耐久性(耐候性)が低い
  • 保管しにくい
  • 塗られる箇所が限られる
  • 価格が比較的高い
  • 混ぜたらすぐに使わないといけない
  • 混合、攪拌の手間がある

最も臭いが少ないフォースター「F☆☆☆☆」。


塗料、接着剤、防腐剤などの建築資材には、ホルムアルデヒドが含まれている。
ホルムアルデヒドは、臭いが強いだけでなく、人体に有害な物質です。
「シックスハウス症候群」の原因物質でもあります。
「こんな有害な物質、建築資材になんか使用するな。」そういいいたいところですが、安価なことから、多くの建築資材にはホルムアルデヒドが使用されています。

愛知県衛生研究所の記述によれば、厚生労働省がホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンの4物質について室内濃度指針値を設定したのは、平成12年6月とのこと。

それまでは、野放しだったことになります。

そして、建築基準法で内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材の面積が制限されるようになったのは、平成15年7月のこと。

そういえば、「シックスハウス症候群」という聞きなれない言葉がニュースをにぎわせたのも、このころだったのかもしれません。

こういう基準値は、国が決めてることだけど、この基準値って、そもそもほんとうに安全なのかっていう一抹の不安を感じるのは、私だけではないと思う。

この記事では、街の外壁塗装やさん東東京店の記事を参考にさせていただきました。「1液型と2液型の違い」と「水性、弱溶剤、溶剤の分類」については、外壁塗装駆け込み寺を参考にさせていただきました。

外壁 塗装 臭い いつまで~マンションの大規模修繕の場合

あと一週間で11ヶ月になる子供

外壁塗装工事は、足場を組んだりする時にも
ものすごい音がしますし
においもします。
赤ちゃんにはかわいそうですね。

工事は夕方には終わるから近ければ夜は帰るということもできますね。

少し生活費をお礼の形で旦那さんから渡してもらったらどうですか?

水性塗料を使用すれば、臭いが抑えられる。

塗装中も換気が可能な養生をしてくれる業者もある。

ホルムアルデヒド、健康被害を引き起こす恐れがあり、
発散する恐れのある内装用の建築資材にはその発散量によって使用できる面積に制限が設けられています。

ヌリカエ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする